ハンコヤドットコムで実印を作ることはできる?

ハンコヤドットコムは印鑑ネット通販専門店で、あらゆるハンコを作ることができます。

ハンコの種類は、個人で使用するものでは実印、銀行印、認め印、訂正印などがあるものです。


会社で利用するものも実印、銀行印、役職印、角印などがあり、このほか趣味として作るものとは落款印や蔵書印などがあります。

いずれも一定の形式がありますが、現実は実印以外はそれほど大きな違いはありません。

 

また実印そのものもゴム印以外であれば問題なく作ることができます。

そもそも実印は印鑑を市区町村の役所や役場で印鑑登録をしたものを指すものです。
これは自治体が登録された印鑑が実際に存在する人であることを証明するもので、法的な手続きを行う時の身分証明の役割があります。

使用される場面でもっとも身近なのは、自動車を購入する時などのほか、公正証書、金銭やその他の賃貸借証書、契約書、不動産の取引や遺産相続、法人の発起人など身分を証明し公的な効力を持たせるために使われるものです。

このためハンコヤドットコムで印鑑を購入してもそれを実印とするためには印鑑登録が必要です。
なお、印鑑はゴム印などは出来ず一般的な印鑑が出来ます。

また印影に関してはシンプルなものでも登録は可能ですが、可能であれば複製されにくいものにする方が無難です。

 

ただし登録では模様などを入れることはできません。
印鑑の作るポイントは耐久性、押しやすさ、お手入れのしやすさがありますが、実印に向いているものとしては耐久性の良い金属製のものや象牙製のものが良いとされます。

特に象牙製は押しやすいもので向いていますが、現在はほとんど手に入れることができないため、金属製が選ばれる傾向にあるものです。

金属製でもチタンであれば硬く耐久性に優れており、お手入れもしやすいメリットがあります。

なお、破損した実印は破損の程度によっては使うことができますが、その場合は外枠の場合で中心部の文字が破損すると認められないことがあります。

まとめ:実印について

このため新しく登録しなおす事になり、特に仕事で使っている場合には手間も費用もかかることになります。

カテゴリー: 印鑑の種類 パーマリンク